そこのあなた!仮想通貨のことご存知ですか?

インターネットを通じて利用できる通貨

スーパーやコンビニなどで買い物をするとき、支払いにはお金を使います。紙幣や硬貨と呼ばれるお金があり、日本であれば円を使わなくてはいけません。最近はお金そのものだけでなく、電子マネーが使えるようになっています。お金をデータとして保有しておくと、支払者のデータから減らして支払先に増やす仕組みで支払えるようになります。銀行取引などもネットで簡単にできるようになっています。ただ、ネット上で一般的な通貨を使うにはいろいろな制約やコストがありました。ビットコインい代表される仮想通貨は、インターネット上でのみ存在する通貨で、円の紙幣や硬貨のような実態はありません。ネット振り込みのように決済などに使え、コストなども少ないとされます。

どの国にも通貨にも属さない通貨

日本では円が通貨として使われ、アメリカでは米ドルが通貨になっています。独立している国は大抵固有の通貨を持っています。ヨーロッパではユーロを異国間で使える仕組みにしていますが特殊な例と言えるでしょう。また、独自の通貨を持ちながら米ドルと連動させる仕組みの通貨などもあります。新しい通貨として登場したのが仮想通貨です。ビットコインが最も使われているとされていますが、この通貨は実はどの国にも属していません。また、どの通貨との連動もしていません。各国の通貨と互いに両替などは可能ですが、相場は独自に動いています。円であれば日銀などが価値の調整などをしますが、どの国にも属さないので、人為的に価値の調整などはできません。